■観音寺の土塀

谷中の観音寺にある瓦屋根の付いた古い塀が今も現存している名所。通称は「観音寺土塀の築地塀」等と言われておりますが、正式には「練り塀(ねりべい)」と言って瓦と粘土を交互に積み重ねて造った塀の事、徳川時代の大名の邸宅や寺院などに多く造られたもののようです。

●mapへ戻る